校長 犬井 智子からのメッセージ

はじめまして。銀座美容矯正セラピストスクール校長の犬井智子(いぬい ともこ)です。

●はじめに

人生をあきらめないで自立して 自由で満たされ 自分らしい生き方を手に入れる。
美容オステオパシーを通じて 皆さんにつかんでいただきたいものです。

もちろん、ありのまま、そのままのあなたで十分に素敵です。そして、今の環境で幸せを感じられる方はとても幸せですね!でも、もし現状が苦しい、将来に不安や焦燥感があるという方は、これからどんな生活を望むのか?どうしたら自分が幸せでいられるのか?自分は何を欲しているのか?ご自分とぜひ向き合ってみて下さい。

●わたくしが美容の道へ進んだ理由

少しわたくし自身の話をさせて下さい。わたくしが美容矯正の道へ進むきっかけとなったのは、祖母の存在です。祖母は化粧品の販売をフリーでしておりました。亡くなる直前まで生涯現役で働いており、還暦を越えても輝いている姿を間近で見て育ちました。お洒落で明るく地域の美容のカリスマ的存在だった祖母。常にお客様が美しくなる事を第一に考えていましたね。女性の美しくなった時の嬉しそうな顔は、幼いわたくしも見ていて幸せな気持ちになりました。祖母は化粧品を届けてお客様をキレイにしているけれど、それだけではなく愛や幸せを運んでいるのだな。そして、その対価として、自立して生きて行く為のお金を得る。こういう幸せの循環で仕事をしたいなと幼い頃から思っていました。

けれども、大人になった自分は理想とはかけ離れた生活をしていました。自立して生きていきたいと願いながらも、ただ年をとるだけで何もできない自分。将来を考えると、不安で焦燥感がつのりました。その不安と現実から逃げるような暮らしをしていました。でも、現実逃避や逃げの気持ちで過ごしていると、どこかで限界がきます。真の喜びじゃないから、自分をごまかせなくなる日がきます。わたくしも、すべてに虚しさを感じるようになり、苦しみました。そんな葛藤が限界に来た時に、美容矯正に出逢ったのです。

●辿り着いた美容矯正の道

その出会いは偶然に突然やってきました。美容の展示会で、黒山の人だかりを発見。何事かと覗いてみると、柔らかい圧で顔の骨を動かして、小顔やお顔全体が引き上がり若々しくなっていました。それを見た瞬間、これこそ、私が求めていた仕事!体に稲妻が走りました。機械がなくとも独立可能でこの手で本当の美を生み出す仕事はないかとアンテナは張っていましたが、いきなりの運命の出会いに、心臓が高鳴り体も熱くなります。と、同時に一生この仕事をしていくだろう。と、何故か分かっている冷静な自分もいました。それでも、未知の世界。経験のない技術職。初心者でも、こんな魔法のような事が本当にできるのだろうか?最初に美容矯正に出逢いパンプレットをいただいてから、3ヶ月ほど悩みました。時間もお金も人生も、すべて美容矯正に賭けることになるからです。今から考えると、するかしないかで悩んでいたのではなく、ここが人生の岐路と思われるポイントだ!と、本能的に分かっていたのですね。要するに、清水の舞台から飛び降りる心の覚悟を決めた3ヶ月だったと思うのです。それは、今まで私事であった沢山の色々な事が、美容矯正技術を習得することにより、すべてがプラスにひっくり返る!という、自分の人生も一緒に好転できるチャンスでした。自分の全てが、美容矯正にかかっていたので、今考えても怖いほどの意気込みでした。このようにして、何事があっても美容矯正の技術を習得し、一流の技術者になることを心に誓いながら、美容矯正の学校に入学しました。

●わたくしの修行時代

もちろん、並々ならぬ想いで美容矯正の道に入ったといってもすぐお客様の施術はできません。仕事をしながら学校に通います。前にも述べたように知識も経験も全くありませんでした。他人の体を触るのが恐いと感じたほどです。あまりの自分のできなさ加減に悔しくて、授業後に泣きながら帰宅したことも。堅い決意をしたものの、この職業は向いていないのではないかと悩んだ時期もありました。でも、どれだけ自己嫌悪に陥ってももう引き返せません。自分にとってかなり高額な授業料を払った後です。やはり、不満や愚痴の自分と一生付き合っていくのは御免です。美容矯正に全てかけるように選択したのは他でもない自分。落ち込んでも泣いても、将来の光のために勉強し技術を習得するしかないのです。休憩中や学校が終わった後、教えていただいたことを忘れないように、毎回すぐ近くの喫茶店に急いで行きメモしていました。今もセミナー中はこうすることもありますが、当時これでやっと人並みになれるかしらと思っていました。しばらくすると、聞くポイントのコツ、メモをとるコツが分かってきます。また数ヶ月で人に触れる恐怖も消えました。今度は逆に、施術するのが楽しくなって、友人をつかまえては練習させてもらっていました。
生活費、授業料のため、仕事をしながら約二年間続いた学校生活。過労のために、いつも微熱で常に病院で点滴を打っておりましたので、体は限界に近かったと思います。しかし、人間不思議なもので、好きなことをしている時は体が疲れていても苦に感じないのです。今ではとてもよい思い出ですし自信の一部になっています。

時が経ち、運よく美容矯正セラピストとしてデビューができました。初めてお客様を施術した日のことは忘れられません。今でも、そのお客様のお顔とお名前も覚えています。お客様は眠っていらして気づいておられませんでしたが、施術をさせていただく喜びに涙が止まりませんでした。その日施術をさせていただいたお客様全員に次回のご指名をいただいたのですが、今考えると自分の真摯な気持ちがお客様に伝わったのかな、と思います。また、このような経験をさせていただいて、とても感謝しております。

●キャリアを重ねて気づいた施術の必要性

キャリアを重ねていくうち、美容矯正というイメージから施術ではないといいつつも、お客様から体の不調を訴えていただく機会が増えてきました。信頼が増えてきた証拠ですので嬉しい半面、お体をお預かりするということに一層の責任を感じました。健康があっての美しさというのは、これまでの経験から知っておりましたから、お客様にも、もっと健康になっていただきたい。もっと目に見えて美しくなる結果を出したい。そのためには、新たに確かな施術技術を学ぶ必要がありました。美容矯正技術の基となっている、施術分野であるオステオパシーを学んでみたいという気持ちが高まってきました。そこで、ほとんどの症例に対応できるオステオパシー誇張法の学び舎の門を叩きました。入学をきめる前に、施術をしていただいたのですが、その技術の素晴らしさに驚愕し、ぜひ自分もこの技術をできるようなりたい!と、強く思ったからです。こうして、施術分野のオステオパシー誇張法と出逢った訳ですが、その素晴らしさは、ここでは語り尽せません。他のページでごらんいただくとしましょう。

●菅会長との出会い~真の施術に基づいた美しさの実現へ~

初めて学校見学に訪れた日、菅会長が施術する場面に運よく遭遇しました。お医者さんにもう目が見えないと見放されたお嬢さんが菅会長の施術で目が見えるようになったと、お母様がお礼をいっていらっしゃいました。菅会長は、お母様とお嬢さんに、「今まで辛かったね。大変だったでしょう。もう大丈夫ですよ。」と、声をかけられました。その瞬間、お母様は、感激して号泣。今までお医者さまにも、誰にもそのような優しい言葉をかけてもらえなかったそうです。わたくしも、その場面に涙をしながら、帰宅。この学校に入学しようと決めてよかったと、心が温かくなったのを、昨日のことのように思い出します。入学してよかったという想いは、ますます強くなるばかりです。本当の意味で、人を尊重し大切になさる、菅先生とご一緒に学校を運営できること、大変光栄に思っております。

そしてかねてから、体をパーツでわけたメニューが主流の美容矯正業界のありかたに、効果や安全性という点で違和感がありました。全身施術しなければ本当の結果がでません。体を壊す可能性もあります。体のパーツでメニューがあるのは、サロン側の運営上の理由が大きいようです。わたくしは、かねてから美容矯正界ではめずらしい全身オーダーメードの施術のみをさせていただいておりました。本当のオステオパシーの施術は、施術が必要な所をオーダーメードで施術するのが当たり前です。体をパーツに分けたメニューはありません。全身を施術しなければ、オステオパシーと呼べないそうです。私の大切にしていた考えと合致し、とても嬉しかったのを覚えています。オステオパシー誇張法を施術してから美容矯正をすると、お客様に驚愕される結果がでました。自分でも施術しながら大変驚きました。体が健康な状態で美は最高に発揮されると実感した瞬間でした。同校の美容の理念でもあります。

●同校で得られるもの~校長として皆さんに伝えたいこと~

同校の技術は施術をベースにした結果の出る画期的な技術です。この技術を習得した、お客様に真の結果が出せるセラピストさんを、同校を通じて沢山輩出したいです。そんな生徒さんに、全国、いや世界中で活躍して欲しい。ご縁ができた生徒さんが幸せの循環の中で働けますよう、お手伝いさせていただくのがわたくしの役目だと思っています。

また、我が校の美容矯正技術を学んでいただく方で、独立したい方がいらっしゃいましたら、無理だとあきらめないでいただきたい。わたくしも勤務セラピスト時代、独立はしたいけれど、多くの面で無理かも。と、弱気になる瞬間もありました。色々な事で涙したことも沢山あります。でも今は先が見えないけれど、このまま進めばなんとかなる。絶対に良い事が起こる。と、根拠のない確信を持っていました。

●さいごに~1人の人間として皆さんに伝えたいこと~

今、わたくしは、美容矯正界に飛び込んだ時には予想もしなかった 同校の校長をさせていただいております。このような機会を与えてくださった菅会長に心から感謝をしております。支えてくれた皆様のおかげだと思っています。自分自身では、先がみえなくとも、こうなりたいという夢をあきらめなかったからだと思っています。今すぐ、自分の理想の状態にならなかったとしても、思い続けることだけはみなさんにも止めないでいただきたいです。時間がかかっても思い続ければ、それが行動になり、現実になるからです。

障害なしでゴールにいく事も素晴らしいです。しかし、回り道をしたゴールの喜びも、また格別です。その道のりで沢山の宝物を拾っているのだと思います。その時は無駄に感じても、ゴールに近づくと突然輝きだすのです。だから、色んな事を試してうまくいかないから、自分はダメだとか思っている方がいるとしたら、今は沢山宝物を拾っている最中なのだと思って欲しい。あきらめないで欲しいです。一見ムダと思えるその経験は、これから沢山の方と接した時に一人一人のお気持ちがわかる宝物になるかもしれません。沢山の人が勇気づけられるかもしれません。

私たちは日本という国に生まれただけでとても幸運なのだと思います。なぜなら自分次第で人生を好転できる国だからです。もし今が辛い状況の方がいらっしゃったら、マイナスの裏目で終わらせず、その経験を表目にひっくり返して幸せになりましょう。
ぜひ、あなたも、ご自分が望む人生を手に入れてください。
わたくしもゴールした訳ではなく、まだまだ宝物を拾っている最中です。

これまで、ご縁があり、お世話になった方々に、沢山の感謝をこめて。

OSTグループについて

OSTグループについて

齋藤巳乗先生創始の「オステオパシー誇張法」の哲学・技術を継承した菅昭良先生が率いる。「結果が出る」施術を実践すると共に、その手法を広く普及し「一人でも多くのお客様を改善させ笑顔にする事」を理念としています。

銀座美容矯正セラピストスクール概要

スクール概要

「真に人の役に立ち、対価として自立できる報酬を手に入れ、自由で満たされた  自分らしい生き方を手に入れる」を理念としています。